2/19 休憩時間の過ごし方

一週間抜けたので、ななしとしては久しぶりにお目にかかります。

実は、先週の川越市合唱連盟の演奏会に参加したメンバーはこの一週間、疲労でボロボロ。。。
熱出したり、一日寝込んだりした人もいたようです。前日のリハーサルからの追い込み激しかったですからね。緊張感も半端なかったし。

さあ、これからは西下個展に集中しましょうね。

今回の練習は、『夕焼け雲の天使』初演メンバーより男声お2人様が参加してくださいました。(女声の方は、オンステの日のご都合がつかなそうという事で、残念!)
ななし団員の参加者も多くて、パートバランスもよく、充実した練習となりました。

さて、休憩時間のこと。指揮者はあることに気が付きました。

ソプラノ⇒高音の発声の仕方について談義中。
アルト⇒音の確認に余念がない。
そして、男性陣はというと―

ほとんどがスマホ見ながら話してる!!

「この差があとでどうでるか」
こんな風に観察しているあたり、さすが教師ですよね。と、変なところに感心してしまいました。

そんなこんなで、『夕焼け雲の天使』については大きな事故なくなんとか通せるようになりました!

ってレベルなのに、これから委嘱の1曲に加えて、合同演奏の新曲もあるらしく(参加は任意だそうなのですが)、あと演奏会まで1ヶ月しかなくて、果たして間に合うのでしょうか?

一抹の不安を感じつつ、来週は2/25(土)18時~21時にまたまた狭山市中央公民館で活動の予定です。
第一ホールが19時からしか予約できなかったので、18時から19時は違うお部屋で活動しておりますので、見学ご希望の方いらっしゃいましたら、詳しくはJoin Usまでお問い合わせください。

 

2/12 グランドオペラの世界

今週はななしはおやすみ。
理由はこれ
img_20161110_0001-1-min

ななしも加盟している川越市合唱連盟の35周年記念で開かれたオペラの合唱曲を集めた演奏会。
こちらにななしからも、団長をはじめ、メンバーが多数、出演してまいりました。

カルメン・タンホイザー・アイーダなど、誰でもタイトルは知らなくても、耳なじみのあるオペラ楽曲、その中から、合唱が主役の曲だけを集めた、かなり珍しいプログラムとなりました。

IMG_1300
これがウェスタ川越こだわりのオーケストラピット。
中で演奏していらっしゃるのは、フィルハーモニア東京の皆様です。(素人の危なっかしい演奏に、よくぞおつきあいくださいました!!)

オペラという事で、今回女性は思い思いに着飾って登場
IMG_1310
どうですか!ななし女性陣の晴れ姿!!
っていうか、赤が強いなぁ。。。ななしのステージの正装はいつも白ブラウスに黒ロングですからね、ここぞとばかりにド派手に、という感じですかね。

そして、川越市バレエ連盟の皆様が花を添えてくださいました。

立案より2年、合唱の練習期間約10ヶ月の大事業でした。
出演者のみなさま、および裏方で支えて下さったみなさま、本当にお疲れ様でした。

言葉がなかなか追いつかないし、音域は広いしで、たいへん苦労しましたが、めったにない夢のようなひと時を過ごさせていただきました。

あ、それから、アンコールの「こうもり」では、うちの団長がソロをつとめたんですよ!!

さて、来週からななしは、西下ステージに向けて、本気で取り組んでいきますよ!!(いや、いままでも本気でしたけど?)
依頼している新曲の情報も少し流れてきました。どうやら、言葉遊びの歌のようです。

というわけで、次回は2/19(日)18~21時に狭山市中央公民館でお会いしましょう!!
入団・見学希望の方はJoin Usよりご連絡を。

(おまけ)
演奏会後、川越の「ラ・ボア・ラクテ」で行われたレセプションで、他団体のかたに「名前のない合唱団は、いつ名前がつくの?」と質問されましたが、私たちはあくまでも『名前のない合唱団』という名前の合唱団ですよ!!

 

2/4 夕焼け雲の天使 with初演メンバー

今日のななしは狭山市の入曽公民館でした。

あれ?ホワイトボード「合唱団」としか書いてない。。。
他の合唱団でも使えるじゃないか!!
などと、冗談を言いつつ入室しました(笑)

これから「西下航平 合唱作品の夕べ」本番までの全練習に、ピアニストが毎回参加していただけるそうです。
今回のピアニストは、川越市合唱祭に続いて、吉田太郎さん。
今日もオシャレないでたちで、颯爽と登場しました!

さらに朗報!!
「夕焼け雲の天使」の初演メンバーの参加が決まりました!
本日はテナー1名が来て下さいましたが、各パートに最低お一人入っていただけるとの事で、心強いです。

混声合唱とピアノのための「夕焼け雲の天使」
2012/12/27 滝野川会館大ホール Harmonaut Chapter.8 4th卒団生ステージ 混声合唱とピアノのための「夕焼け雲の天使」 ※委嘱初演 作詩/みなづきみのり 作曲/西下航平 指揮/法島隆志 演奏/Harmonaut Chapter.8卒団生(11名) 卒団生ステージのために、若手作曲家西下航平氏に書き下ろしていただきました。 Harmonaut(ハーモノート)は東京都市大学と星薬科大学の合同合唱団の名称であり、演奏会のタイトルでもあります(先輩談)

混声合唱とピアノのための「夕焼け雲の天使」

これは、その初演の様子です。
このときは、1か月前に曲が出来上がり、10数名での演奏だったそうです。
すごいですね~。

今度のオンステは結局何人になるのかな?
そして、新曲はまだ来てないし・・・

練習後は、今年成人式を迎えた団員のお祝いが扇屋で盛大に開かれました!

次回の練習は、
2/19(日)狭山中央公民館 第1ホール(西武新宿線狭山市駅)18~21時

来週は、川越市の35周年記念演奏会のため、練習はお休み。
団員からも多数参加して、オペラの名曲を歌ってまいります。

西下個展のチケットも、まだまだ余裕はございます。
チケットの入手方法などについて、また、入団・見学などのお問い合わせは、当HPのJoin usより連絡ください。

1/28 見学者は突然に・・・

早くも1月最後の練習となりました。

今日は、高階公民館で見学者お一方をお迎えしました。
なんと、ファーストコンタクトが本日の午前中で、練習予定をお伝えしたら、もう、今日来られるとおっしゃって、コチラもうれしいやら、びっくりするやら・・・

それにしても、今日の高階公民館は駐車場が満杯で、団長をはじめ、車でギリギリについた団員は、入るのに時間がかかってしまいました。
見学者もお車でいらっしゃるとの事でしたので、心配しましたが、無事到着されました。

今日は「夕焼け雲の天使」の一番の難所を、少しずつ和音を確認しながら、それぞれのパートの音をとっていくやり方で練習を進めて行きました。(見学の方、いきなりこんな難曲ですみませんm(_ _)m

IMG_1258 (1)

とにかく、新曲が来る前にこの曲仕上げないとなりませんからね。
がんばりますよ!!

最後に少し「たねをうえたら」もさらいました。
この曲、新年会での演奏を聴いて、指揮者はちょっと不安を感じてたんですって!
でも、どうやらお酒と場の雰囲気ののせいだったようですね。
音はほぼほぼ大丈夫。あとの細かいところは、指揮者につくっていただきましょう。

どちらの曲も、ピアニストが入ると、かなり雰囲気変わるんではないでしょうか。

そして練習が終わったら、メンバーの一部は見学者を引き連れて、新河岸駅前の「大(ビッグ)」へ。

その後の飛び入りもあって、アフターも楽しいななしでした♪

次回は2月4日(土) 14:00~17:00 場所は久しぶりの入曽公民館です。
もちろん今日みたいな、飛び入りも大歓迎です!!
ぜひ Join us からご連絡ください。

1/21 おひさしぶりね

今日は、久しぶりに常任指揮者参加の練習となりました。

場所はこれまた久しぶりの霞が関北小の音楽室
IMG_1228

明日が川越市の市長選挙のため、いつもの公民館が使えずということで、こんな珍しい場所になりました。(川越市民のみなさん、ちゃんと投票しましょうね!)

前回(新年会挟んだから、2週間前になりますね。)に引きつづき、「夕焼け雲の天使」の音取り。
今日で、一応ひととおりの音取りは終わりました。怪しいところはいっぱいあるけど。

久々の指揮者の指導だったけど、ブランクは全く感じず。
不在の間、指揮者の代理をしていた団長は、「やっと普通に歌える」と喜んでおりました。
今日は、ピアノ科の音大生がいて、伴奏もところどころ交えながらだったので、だいぶ曲想も分かり易かったです。

3月25日の『西下航平 合唱の夕べ』では、この「夕焼け雲の天使」のほかに、当団オリジナルの「たねをうえたら」と、もう一曲西下氏に委託している曲があるそうで。
どんな曲になるかは分かりませんが、新譜も楽しみです。

チケットの入手方法などについて、また、入団・見学などのお問い合わせは、当HPのJoin usより連絡ください。