こちらは先頭固定記事です。クリックで最新の記事へジャンプ!


川越市合唱祭に出演します
日時:2019年11月10日(日)午後の部(出演順は決定次第お知らせします)
会場:ウェスタ川越 大ホール
演奏予定曲:小さな空 ○と△の歌※(武満徹作詞・作曲)
指揮:福泉博子先生
概要:昨年の川越市合唱祭に引き続き、福泉博子先生にご指導いただくこととなりました。今年は武満徹作品、そしてアカペラに挑戦です。
※練習の進捗状況によっては、小さな空のみになる場合もあります。

練習日程を表示 ※11月10日まで確定
10/5(土)狭山中央公民館(西武新宿線狭山市駅)14~17時

【中止】10/13(日)伊勢原公民館(霞ヶ関北小音楽室・的場or霞ヶ関駅)14~17時

10/20(日)※入曽公民館(西武新宿線入曽駅)13~17時
※「ゆふさんといっしょ~パプリカスペシャルステージ」として、米津玄師さんのパプリカを歌う予定です。

10/27(日)狭山中央公民館(西武新宿線狭山市駅)18~21時

11/3(日)常盤公民館(JR京浜東北線北浦和駅)18~21時

11/9(土)高階公民館(東武東上線新河岸駅)14~17時

11/10(日)午後 本番 川越市合唱祭(ウェスタ川越)

※見学・飛び入り随時受け付けております!練習会場の地図は下記をご覧ください。→ ◆川越市 ◆さいたま市 ◆狭山市
※太字は通常とは違う練習時間です。

 

メンバー大募集中です!

名前のない合唱団のホームページにアクセスいただきありがとうございます。「ななし」では一緒に活動するメンバーを大募集中です!
新しく合唱団をお探しのあなた、大勢で歌ってみたいというあなた、とにかく歌が好きというあなた、経験者も未経験者も。大人も子供も。お兄さんもお姉さんも。お姉さんも。ねえ、おねえさん!?

……失礼、取り乱しました。
現在、「ななし」は10~70代までの幅広い年齢層で、経験者も未経験者も入り交じりワイワイ楽しくやっております。私たちと一緒に歌ってみませんか?
ProfileJoin Usに更に詳しい情報がございます。ぜひご覧いただき、まずは一度ご見学にいらしてください。
ななし一同、心よりお待ちしております!

10/13 練習お休み~イベントのお知らせ

台風19号(ハギビス)により被害を受けられた地域の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

ななしメンバーの中にも、避難指示を受けて一時避難所に移動したりした者もおりましたが、幸い大きな被害は受けてはいないようです。

そして、練習場所であった霞ケ関北小が避難場所として使用されたこともありまして、13日の練習はお休みをさせていただきました。
見学者もいらっしゃる予定であったのに、大変残念です。
なにより、福泉先生による練習が一回減ってしまったのが、不安で仕方がないです。
その代わり、前回の画像つき練習をリピして、一同次に備えたいと思います。

で、次の練習につきまして・・・

突然ですが、ここでお知らせです。

常任指揮者 平田由布氏が小笠原より出張のため内地に帰って来るのに合わせて、子育て中のママにもやさしいイベントを開催します。

「ゆふさんといっしょ」~パプリカスペシャルステージ~
日時:10/20(日)13時~17時
会場:入曽公民館 ホール
曲:パプリカ(混声3部)
ピアニスト:嶋田七瀬さん

〇当日タイムテーブル
13:00発声
13:45音とり
15:00合わせ
16:45終了
17:00公民館バス迎え
17:30 打ち上げ開始

〇打ち上げ
会場:和亭 武
住所:埼玉県所沢市和ケ原3-270
参考↓
https://r.gnavi.co.jp/e190900/
キッズスペース有で公民館からの送迎もあります!!
打ち上げだけの参加もOK!!

団員以外の方は、無料で参加できます。
乳幼児づれでもOK
中学生以下は保護者同伴の参加をお願い致します。

参加希望・お問い合わせはJoin usのフォームから。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラムページはこちら

 

10/5 歌心が真っ赤に燃えていた(?)

今日は川越市合唱祭に向け、福泉博子先生をお迎えしての初の先生練習でした!!

団員も練習前から妙に気合が入っており、さすがは勝負所をよく分かっているななしメンバー!練習が進むにつれ、人もどんどん増えてきた!この日は10月の勝負所ですね!!

福泉先生もそんな団員の妙なやる気に対抗(?)してか、1日を通じて非常に熱の入った練習となりました!

「小さな空」はそれぞれのパートが2つに分かれて8声になるアカペラ曲ですので、現状30人に満たない名前のない合唱団にとって、少々背伸びしないと歌い上げられない厳しい曲のように思われます。

この日の練習では、先生のご指導もあってこの難曲をハートで歌い上げ、妙に上手に歌えたような気がしました。本番でななしらしい演奏ができる手ごたえアリ?

正直、「名前のない合唱団ってこんなに上手に歌える合唱団だったっけ?」と練習最中に戸惑いながら歌っていました(笑)ハートが技術を凌駕するってこと、やっぱりあるんですね!

非常にななしらしい練習でした!!

本番はきちんと技術でも歌い上げられるようにしたいですね(苦笑)

「小さな空」は難しい曲のイメージですが、詩の内容といい、曲調といい、名前のない合唱団には非常にあった曲だと思っていました。そんな「小さな空」をいつかこの団で歌ってみたいなあと思っていましたので、技術的にもハート的にも今回の川越市合唱祭は非常に良いタイミングだと思います。

川越市合唱祭では、ななしらしさを存分に発揮した「小さな空」を多くの人に聴いてもらいたいなと思います!これからの練習頑張ろう!!

今週は、テナーのY・Hさんの熱い想いのこもったレポートをお送りしました♪

次の練習は、
10/13(日)伊勢原公民館(霞ヶ関北小音楽室・的場or霞ヶ関駅)14~17時
引続き、福泉先生にご指導いただく予定です。
諸事情により、ちょっとレアな練習場所となりますが、既に見学希望の方もいらっしゃるので、ちょっと楽しみです。
※台風19号接近により、変更の可能性があります。

→10/13(日)の練習は中止となりました!
台風は過ぎましたが、会場の霞ヶ関北小学校が避難所として使用されていたこと、片付けなどもあるでしょうから13日の練習は中止とさせていただきました。見学希望をいただいていたところですが残念です。是非またの機会にいらしていただきたいですね。

見学や練習体験は、Join usのフォームから。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラムページは第5回まで公開中です。

9/29 市民合唱祭まであと何回?!

ちょっと涼しくなったかなと思うも日差しは相変わらずきびしい。

私は他団の一日練習を午前のみ出席。後ろ髪を引かれながら午後は名なしの練習へ。

このところアルトの団員は何かと忙しく本日3人!
「頑張るゾ」と意気込んだが『小さな空』は同じところで何度も間違い、
『○と△の歌』では「これ何なのよ」とお手上げ状態のメロディー!!
エッ、私これ歌えるの?!
甘く見ていた自分。これはマズ〜ぃ。

市民合唱祭まであと1ヶ月半。

とにかく今日は練習できて良かった。

今週の御当番は、アルトのM・Hさんでした。
武満先生の曲は各パートいろいろ苦労するところはあります。でもそれだけに、ときおり和音が上手くハマると、ゾクゾクします(^o^)

さて、次なる練習は
10/5(土)狭山中央公民館(西武新宿線狭山市駅)14~17時
合唱祭で指揮をしてくださる、福泉博子先生をお迎えしての初練習です。
今から楽しみでもあり、不安でもあり・・・

見学や練習体験は、Join usのフォームから。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラムページはこちら

9/21 次は川越市合唱祭

今日から合唱祭に向けて「小さな空」の音取りが始まりました。

最初のほうあまり人が集まらず心配になりましたが、声出しと体操の時間中に続々と集まり始めました‥!良かった。

初めて聴いた曲でしたが、ゆったりとしたメロディで歌っていて心地よく、「わたのようなくもがかなしみをのせてとんでいった」「ステンドグラスがまっかにもえていた」などの素敵な表現が印象的です。頭の中でその光景を思い浮かべると、なんだか懐かしいような不思議な気持ちになりました。

休符の所は、「音は止めても息はレガートを意識して」と言われ難しいなと思ったけど、意識して変えてみただけでかなり印象が変わったと感じました。

パートどうしの音がぶつかり合い、とっても難しい曲だと思いますが、そんななかでもそれぞれの音が綺麗に響き合って聴き手に伝わるように出来ればなと思いました。

そして今日も見学者さんが一名来てくださいました。

次回からも本番に向けて気合を入れて頑張りましょう〜!(^^)!

今週は、ソプラノのA・Oちゃんに書いていただきました。
まあ、参加人数が少なくなるのは、本番直後のあるあるなんですよね(^_^;)
見学者さん、またお待ちしていますね~♬

さて、次の練習は
9/29(日)14:00~17:00 入曽公民館 ホール(西武新宿線 入曽駅)
ひきつづき、「小さな空」の練習です。(もしかしたら、「○と△の歌」の音取りもできるかな?)

見学や練習体験は、Join usのフォームから。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラムページはこちら

演奏音源:木綿のハンカチーフ

木綿のハンカチーフ(混声合唱・歌詞付き)~名前のない合唱団~

太田裕美さんの1975年リリースのヒット曲です。松本隆さん&筒美京平さんのゴールデンコンビの作品ですね。都会に出てきた男性と、その帰りを待つ女性の手紙のやりとりが切ないこの曲、合唱ではそのまま男声と女声の掛け合いで歌っています。

「ブリエライフ狭山」さまの敬老会イベントに招かれ、電子ピアノを持ち込んで演奏してきました。
ななしでは2016年のコスモスコンサートで編曲初演して以来、久々の披露となりました。

木綿のハンカチーフ
作詞:松本 隆 作曲:筒美京平
合唱編曲:川浪 龍
指揮:平田 要 ピアノ:齋藤美樹
2019年9月16日
ブリエライフ狭山 敬老会訪問演奏