11/26 今日は脳トレ!

川越市合唱祭が終わり、1回お休みを頂きまして、我ら『ななし』は次の本番に向けた練習を・・・・・

って、あら練習が2回しかないわ!

しかも本番が平日だから出られる人数も少な目だし・・・・

でもでも、私達はめげませんよ!新曲の音取りをチョー早回しでやりました😉

3曲も‼️

だいたい主旋律を担当している我らソプラノですら、脳ミソ総動員して歌いました(笑)他のパートの皆さんはもっと大変だったかな?

それでもみんなで頑張った甲斐あって(美味しいおやつもあったし)、何とか形になりましたよ。(ね?)

クリスマスの楽しいメロディーやジブリの素敵な曲など、バラエティー豊富です。

いつもはもっとじっくり曲を作りますが、こういうスリリングなところも『ななし』の魅力かも?

今日は二人の男性が見学にきてくれたのですが、ちょっと驚かしてしまったかもと思ったら、お一人入団してくださいました。素晴らしい❗

練習が良かったのか、その後に行ったアフター飲み会が楽しかったのか、そこは今度本人に聞いてみます(笑)

何度か見学に来てくれていた女声からも入団届けが提出され、嬉しいかぎりです✨

さあ、練習はあと一回。

歌う私達も、難しい曲を短期で仕上げてくれるピアニストさんも、もちろん指揮者も、聴いてくれる人達に喜んでもらえるよう頑張ります🎵

ハイ! ここまでは、ソプラノの頼れるパートリーダー、T・Mさんに書いていただきました。

今回の選曲、指揮者が悩みに悩んで、やっとのことで絞りこみました。
オファーのあった2曲以外は、真っ白な状態だったもので(笑)
「むずかしい!」とのピアニストの嘆きのつぶやきも遠くから聴こえておりますが。。。

さて、そのあと一回の練習日は、
12/2(土)川越南公民館講座室5号(ウェスタ川越)18~21時

訪問演奏に出るメンバーも、出られないメンバーも参加します。
だって、みんなと歌いたいから!!

みなさんも、一緒に歌いませんか?
見学その他のご連絡、Join Usにてお待ちしております!!

演奏音源:ひとつぶ

ひとつぶ
作詞:内藤学 作曲:川浪龍
指揮:平田由布 演奏:名前のない合唱団
2017年11月12日 川越市合唱祭にて初演

ひとつぶ(無伴奏混声四部合唱)~名前のない合唱団

ひとつぶ(無伴奏混声四部合唱)~名前のない合唱団

団内プロジェクトNOT(ななし・オリジナルソングを・つくろう)によるオリジナル曲です。
「団員募集の歌」「刮目せよ!我ら名前のない合唱団」といったネタソングでおなじみのコンビが、おふざけのないド直球の合唱曲を作ってしまいました。
「昔からある曲みたい」とは初めてあわせてみたときの、とある団員の感想でした。うむ、確かに。それだけ正統派な曲に仕上がっているということでしょうかね。

今後、この曲がななし以外でも歌われるような愛唱曲に育っていくといいなと思っております。楽譜のお問い合わせはJoin Usにあるメールフォームからお願いします。

福祉施設訪問演奏です


三芳町の障害者支援施設での訪問演奏を行います!
期日:2017年12月7日(木)正午頃演奏予定
会場:障害者支援施設 かしの木ケアセンター(入間郡三芳町)
演奏予定曲:「夢をかなえてドラえもん」「勇気100%」「クリスマス・メドレー」「いのちの名前」ほか

ホームページを通じて、熱烈な出演オファーをいただきました。平日のお昼で参加できるメンバーは限られますが、精一杯の演奏をしたいと思っています。

11/12 祝!!「ひとつぶ」初演

いよいよ、迎えた川越市合唱祭当日。

ウェスタ前広場は、産業フェスタで大変な賑わい。
ビールや焼き鳥の誘惑に後ろ髪を引かれながら、メンバーは大ホール入り口に集合。

とはいえ、兼団してたり、連盟のお仕事をしていたりなどなどで、時間通りに集合したのは、オンステ人数の半分以下なのですが。。。

そして、午後の部の始まりです。

他の合唱団の素晴らしい演奏(いくつかには、うちの団員も参加している)を聴いているうちに、ぽつりぽつりとメンバーが席に集まって来ました。

そして、リハーサルで全員集合!
きっちり制限時間を消費して、ステージへ。

ちゃんと曲紹介に「初演」のひとことを入れていただきましたよ。
ウェスタ大ホールいっぱいに響く、「わが抒情詩」からの「ひとつぶ」。。。

指揮者も団員も気持ちよく演奏を終えることができました。

ところで、気になるのは客席からの反応です。

まずは、講評からー

吉田 みどり 先生(県立松山女子高 音楽部顧問)
「やわらかで良くブレンドされた音色でステキなサウンドですね。
2曲目、本日初演ということで、注目して聴かせていただきました。団員の詞に団員が曲をつけられたということでしょうか。こうしたステキな詞やメロディーが紡ぎ出されるような幸せな背景がある、という事そのものがすでに素晴らしいですね。
合唱でありがちな声をはり上げるのではなく、おだやかに美しくやさしく歌われる皆さんのスタイル、ステキです。
ありがとうございました。」

栗原 晶代 先生(県立川越女子高 音楽部顧問)
「さすが、歌うことに慣れ、のびやかで美しい、すばらしい合唱団です。
パートバランスもよく、女声、男声ともに無理のない発声で、よく響いていて、指揮者によってまとめられています。
もう少し、ひろがって並ぶと、声のひろがりもでるかと思いました。
『ひとつぶ』の初演、おめでとうございます。
なんてステキな曲でしょう~~♥️うっとりです。
はじめの方で『ひとつぶ』の『ぶ』がつぶれてしまう時があり、もったいなかったです。後半に向けてはよりダイナミックに重厚感ある音楽で感動しました。

なかなかの評価じゃないですか。
両先生、ありがとうございました!!

並びに関しては、他からも言われましたね。
視覚的にこぢんまりとしていると、演奏がまとまりすぎて、物足りなく感じるのでしょう。

「やわらかいサウンド」「無理のない発声」などの評価は大変うれしいです!!
なにしろ、ソプラノとかテナーとかは、高音を張り上げすぎて、よく注意されていましたからね。

指揮者の感想は―
「前回ポピュラーをうたった事で、テキストが伝わるようになり、今回アカペラをやることで、ハーモニーの感覚が格段に上がった。あとは人数かな?」

今回のオンステは、20人だったけれど、最低でもその倍の40人は欲しいらしい。
いつも、100人くらいの合唱、振りたいって言ってるものね。

「ひとつぶ」の曲への評価もなかなか良い印象ですね。

作曲者談、
「曲を書くにあたって設定したハードルはちゃんと越えてくれた。」
だそうでー

今後、この曲がななし以外でも歌われるような、愛唱歌に育っていくとよいなと思います。

そんなこんなで、連盟公式の打ち上げパーティーの参加者以外のメンバーは、いつもの宅飲み会で「非公式」の打ち上げ(家主は今回も聴きに来ていた)。

そのうち、公式がお開きになったメンバーの一部も合流して、演奏を振り返りながら、深い時間まで、合唱談義(合唱団みたいだwww)に花を咲かせるのでした・・・

さて、ななしは1週お休みをいただきます。
次回の練習は、
11/26(日)狭山中央公民館第1ホール(西武新宿線狭山市駅)18~21時

次の本番についてですが、12/7(木)にこちらのサイトを通じて、熱烈なオファーをいただいた福祉施設でのクリスマスコンサートで歌わせていただくことになりました。
(平日のため、残念ながら参加できないメンバーが多いのですが・・・)

というわけで、ここから2回は、訪問演奏用の曲の練習になります。
先方から是非演奏してほしいと言われている、「勇気100%」「夢をかなえてドラえもん」は決定ですが、そのほかの曲は未定です。

2回の練習で、ステージ手伝えるよ!という方は、Join Usより連絡ください。
もちろん、見学のみの参加もOKですよ!(^^)!

11/11 前夜祭!!

いよいよ、合唱祭前最後の練習です。

見学者お一方をお迎えして、ハーモニーや強弱の付け方などを丁寧におさらいしました。

「ひとつぶ」は、ラストの通し前の1回が、「今までで一番よい」と、指揮者のお墨付きをいただきました。
練習録音をヘビロテして、その時の歌い方をよく思い出さないといけませんね。

男声は全メンバー揃ったけれど、女声は残念ながら、数名が参加できず、相も変わらず、「全員揃うの今日が初めて」の状態で本番に臨むことになりますね。

練習後、団長を含む数名のメンバーは、南大塚駅近くの「はちや」で乾杯をし、ステージの成功を祈念しました。

さて、これを書いている今は、明けて12日。まもなく川越市合唱祭の午前の部が回転する時間です。

午後の部の開演は、13時50分。
ななしの出演時間はおよそ16時30分の予定です。(進行により前後する事があります。)

おりしも、開場のウェスタ川越前の広場では、「かわごえ産業フェスタ2017」が開催されます。
フェスタは16時までなので、終了してからウェスタ大ホールに入れば、ななしの演奏が聴ける計算になります(笑)

入場無料ですから、みなさまお誘いあわせの上、いらしてください。

では、後ほどウェスタでお会いしましょう!!