3/11 みみずくのなまえは『わえる』!?

Twitterによると、このブログを書いている3月12日は、西下航平氏のお誕生日だそうで―

☆彡西下さん、お誕生日おめでとうございます!!☆彡

というわけで、昨日11日は西下個展にむけて、最後の通常練習となりました。あっという間ですね。

合同演奏に参加するメンバーは、練習1時間前から集合して、西下氏編曲の「朧月夜」の音取りをしました。

このアレンジ、SATBそれぞれが2声に分かれる、実質8声編成で、ほぼ主旋のソプラノ以外は、かなり難度の高い音程が混じっています。(アルト下なんか、男声扱いなんじゃないの?と、ある団員が申しております。)
結局、1時間では収まらず、本練習の発声練習代わりになってしまいました。

あるしすさん、うたう会さんの練習にも参加しているうちの団長によると、3団それぞれに演奏の印象が違うとのことです。
全団体合わせた時の演奏がどんな色になるのか、とても楽しみですね。

私たちの演奏曲順は
「夕焼け雲の天使」
「みみず」
「たねをうえたら」
となっており、練習もこの順番で行いました。

さっき、通し演奏の録音音源を聴きましたが、なかなかの仕上りなんじゃないですか?
1ヶ月半前の「たね」以外は全く先のみえない状態から、よくぞここまで、と言った感じです。

さて、次回は20日(月・祝)はゲネプロ、その週の土曜日はいよいよ本番となります。
その次の週は、総会を予定しておりますので、通常の練習は1ヶ月後となる予定です。

4月の練習予定がまだ確定しておりませんが、見学ご希望の方はJoin usから送信しておいて下されば、決定し次第ご連絡いたします。

※今回のタイトルは、
歌詞の「みみずくみみずくわえる」が、
「みみずく みみずく わえる」
と聴こえてしまうという指揮者の指摘事項からとりました。
○ みみずく みみず くわえる

3/4 みみず?みみずく?

普段、この徒然団記を担当している「もっちゃん」が欠席でしたので、代理で記入しております。

本日はピアニストが突然の発熱とのことでお休みとなり、ピアノ無しでの練習となりました。「夕焼け雲の天使」のアンサンブル確認と、先週届いた新曲「みみず」の音確認~アンサンブル練習を行いました。

ピアノなしの練習でしたが、先週の音取り練+メンバー各々が録音などを聴いてある程度自主練をして来たおかげか、はたまた単に響きの良い場所で気分良く歌えたおかげか、なんとか完成形が見えてきた(指揮者談)というような状態まで持ってくることができました。本番まで実は数えるほどしか練習回数がなく大変な状況ですが、なんとか頑張って間に合わせたいと思います。

土曜の昼過ぎの練習であったため、その後に「魚民」でまったりアフター。さらにその後、某メンバー宅になだれ込み、さまざま深い話も話し込みつつこの日記を更新しております。何時だいま!外が明るい!

2/25 新曲来ました!

タイトルのとおりです。
西下航平氏に依頼していた新曲が、とうとう到着しました!
そのタイトルは―

「みみず」

Twitter上で詩を発表していらっしゃる、つるたやよい氏の手によることば遊び風の詩に曲をつけて下さいました。
その歌詞の一部を紹介しますとー

みみずみずべに
あたりをみずに
みをかえりみず
みをそとにだす

こんな調子で、テンポよく四声の掛け合いが続きます。

今週は狭山市中央公民館、1時間だけ第4学習室での活動となったため、新曲の音取りから。

防音のないガラス張りの部屋から、「みみずみみず」とか「みみずくみみず」とかいう声が聞こえてくるのを、外を通る人達はどう思ったのでしょうね(笑)。

最初のうちはト長調で、「お?これいけるんじゃないの?」と思ったのですが、途中から「あれ?」
やっぱり、西下節炸裂でしたwww

耳に残るフレーズがいっぱいあって、歌ってると病みつきになります。

2時間弱で音取り完了して、なんとか一回通せる(完璧じゃないけどね)状況まで持ってこれたので、本番には間に合うでしょう。
一番大変そうなのは、ピアニストかな?

とにかく、記念すべき初演ですからね。
まだまだ、間に合います。
皆さんも「みみず」の初演に参加してみませんか?

3/4(土)大東南公民館(西武新宿線南大塚駅)14~17時
興味のある方はJoin Usまで

 

2/19 休憩時間の過ごし方

一週間抜けたので、ななしとしては久しぶりにお目にかかります。

実は、先週の川越市合唱連盟の演奏会に参加したメンバーはこの一週間、疲労でボロボロ。。。
熱出したり、一日寝込んだりした人もいたようです。前日のリハーサルからの追い込み激しかったですからね。緊張感も半端なかったし。

さあ、これからは西下個展に集中しましょうね。

今回の練習は、『夕焼け雲の天使』初演メンバーより男声お2人様が参加してくださいました。(女声の方は、オンステの日のご都合がつかなそうという事で、残念!)
ななし団員の参加者も多くて、パートバランスもよく、充実した練習となりました。

さて、休憩時間のこと。指揮者はあることに気が付きました。

ソプラノ⇒高音の発声の仕方について談義中。
アルト⇒音の確認に余念がない。
そして、男性陣はというと―

ほとんどがスマホ見ながら話してる!!

「この差があとでどうでるか」
こんな風に観察しているあたり、さすが教師ですよね。と、変なところに感心してしまいました。

そんなこんなで、『夕焼け雲の天使』については大きな事故なくなんとか通せるようになりました!

ってレベルなのに、これから委嘱の1曲に加えて、合同演奏の新曲もあるらしく(参加は任意だそうなのですが)、あと演奏会まで1ヶ月しかなくて、果たして間に合うのでしょうか?

一抹の不安を感じつつ、来週は2/25(土)18時~21時にまたまた狭山市中央公民館で活動の予定です。
第一ホールが19時からしか予約できなかったので、18時から19時は違うお部屋で活動しておりますので、見学ご希望の方いらっしゃいましたら、詳しくはJoin Usまでお問い合わせください。

 

2/12 グランドオペラの世界

今週はななしはおやすみ。
理由はこれ
img_20161110_0001-1-min

ななしも加盟している川越市合唱連盟の35周年記念で開かれたオペラの合唱曲を集めた演奏会。
こちらにななしからも、団長をはじめ、メンバーが多数、出演してまいりました。

カルメン・タンホイザー・アイーダなど、誰でもタイトルは知らなくても、耳なじみのあるオペラ楽曲、その中から、合唱が主役の曲だけを集めた、かなり珍しいプログラムとなりました。

IMG_1300
これがウェスタ川越こだわりのオーケストラピット。
中で演奏していらっしゃるのは、フィルハーモニア東京の皆様です。(素人の危なっかしい演奏に、よくぞおつきあいくださいました!!)

オペラという事で、今回女性は思い思いに着飾って登場
IMG_1310
どうですか!ななし女性陣の晴れ姿!!
っていうか、赤が強いなぁ。。。ななしのステージの正装はいつも白ブラウスに黒ロングですからね、ここぞとばかりにド派手に、という感じですかね。

そして、川越市バレエ連盟の皆様が花を添えてくださいました。

立案より2年、合唱の練習期間約10ヶ月の大事業でした。
出演者のみなさま、および裏方で支えて下さったみなさま、本当にお疲れ様でした。

言葉がなかなか追いつかないし、音域は広いしで、たいへん苦労しましたが、めったにない夢のようなひと時を過ごさせていただきました。

あ、それから、アンコールの「こうもり」では、うちの団長がソロをつとめたんですよ!!

さて、来週からななしは、西下ステージに向けて、本気で取り組んでいきますよ!!(いや、いままでも本気でしたけど?)
依頼している新曲の情報も少し流れてきました。どうやら、言葉遊びの歌のようです。

というわけで、次回は2/19(日)18~21時に狭山市中央公民館でお会いしましょう!!
入団・見学希望の方はJoin Usよりご連絡を。

(おまけ)
演奏会後、川越の「ラ・ボア・ラクテ」で行われたレセプションで、他団体のかたに「名前のない合唱団は、いつ名前がつくの?」と質問されましたが、私たちはあくまでも『名前のない合唱団』という名前の合唱団ですよ!!