出来ることをしよう!

松山千春氏は、とても良いメッセージを出しました。

「知恵がある奴は知恵を出そう.力がある奴は力をだそう.金がある奴は金を出そう.
『自分は何にも出せないよ・・』っていう奴は元気出せ」

合唱団の中でも、募金をしたと言う話はよく聞きます。
しかしながら、まず合唱団で出来ることと言えばなんだろうと考えると、
やはり、元気を出して、声を出すことだと思います。

列島中と同じく、合唱団のメンバーを見渡しても、活気が足りなくなっています。
『不謹慎』という言葉に圧されて、いろんな活動を自粛する傾向にある今ですが、
僕らはまず、元気をだして、そして出来ることを増やしていかないと!

人数は少なめでしたが、20日は練習を行いました。
久し振りに団に戻ってきてくれた方、そして新しく見学に来てくれた方がいました。
みんなで歌って、笑って、楽しんで、その後は今後の事を少し話し合いました。

僕たちにも出来ることがある、僕たちしか出来ないこともある!
無理して背伸びをするのではなく、その出来ることをやって行こうと思いました。

『難しい』と『楽しい』は一緒に有り得るということ。

今僕たちは、信長貴富さん作曲の『未来へ』に取り組んでいます。
信長さんの曲は、メロディカルでありながら、難しい和音が盛り込まれています。
皆でひいひい言いながら取り組んでいるわけですが、難しくも楽しいですね♪

難しい和音から逃げないで、指揮者や識者のヒントに耳を傾けてみると、
目を逸らしていたら分からなかった、新しい世界が広がってくる気がします。
まだまだ完成には程遠いですけれど、それでも時々鳴る綺麗な音を聴くと、
最終的に形になったときに、自分達でどれだけ痺れる事が出来るか……
今からオラわくわくしてきたぞ(笑)

『未来へ』は、埼玉県合唱祭で歌います。
6月で、日程はまだ分かりませんが、ギターにも加わって頂きますよ☆
……ギターで誤魔化すような演奏にならないように、しっかり頑張らなければ(^^;

俺たちの合唱団はまだまだ続く!

普通に前向きな題名なのに、どうしてこう、いっこも前向き感が無いのだろう。
おのれジャ〇プ。

2011年が明けまして、早3月。
年明けから始まった新体制も、徐々に軌道に乗り始めたと言えるでしょうか。
もっとも、来年度頭の総会までは、仮運転期間ではあるんですが(笑)

これを書いている時点では、まだスタッフの欄を書き換えてないので微妙ですが、
常任指揮者となり、運営の長を退いた兄の後釜で団長となった平田要です。
既知の方も、そうでない方も、あるいは今始めていらした初見さんも、よろしくお願いします。

現団員はもちろんのこと、今はまだ見ぬ新団員の皆さんもご一緒に、
楽しく合唱団を盛り立てて行きましょう!
そう、『名前のない合唱団』の名前をより知らしめる! うん、なんか変、この発言!

今後は毎週1更新を目指して、土曜日か日曜日の夜に、
短い文章でも載せてゆきたいと思いますので、ちぇけらう。
僕が練習に出られなかった時は、誰かにお願いするかも知れませんが(笑)

ではでは、また来週☆

未来へ

これは新ななしウェブサイトのテスト投稿です。

いま『未来へ』を練習中。

個人的にはこの若々しくそれでいてオシャレポイントの多い曲と、持って回った言い方をしていないのに深い詩が好き。