【西下航平 合唱作品の夕べ】に出演します

2017年3月25日(土)川口リリアにて、作曲家・西下航平さんのトリビュートコンサートが開催されます。
ななしも2013年に開催された「なな☆こん」にて西下さんに曲を委嘱したご縁があり、出演させていただくこととなりました(演奏の模様はこちらから)

他の出演団体の情報、詳細は「うたう会」さんのページにてご確認ください。また西下航平さんの公式サイトはこちらです。

12/3 ななしのオリジナル

12月に入り、2016年のななしの練習もあと今日を入れて4回となりました

今日は最初の集まりが若干悪かったので、あとから来る団員にちょっとしたドッキリを仕掛けようということで、いつも練習の終わりに歌う「さよならは」というななしのオリジナル曲の音取りを発声の代わりとしました。

いつも真面目に出ている団員は、入って来た途端に練習終わりの曲を聴くと、「え!? もう練習終わり?」って気分になるのです。
言ってみれば、スーパーの閉店時に流れる「蛍の光」や、夕方に街に流れる「家路」みたいなものですね。

徐々に人数が集まって来たので、あとは、前回と同じ「たねをうえたら」と、新譜の「僕らの出会い」というこれもななしのオリジナル曲の音取りをしました。
ちなみに「僕らの出会い」は、我らが指揮者 平田由布の作品で、この度アカペラの混声四部に編曲をしなおしました。

この楽曲ができた経緯などについては、また後日にお話しする機会があるかと思います。
今日練習した3曲とも、歌えるところは「名前のない合唱団」のみです。
気になる方は、ぜひ見学にいらしてください。
連絡は、当HPのJoin usからどうぞ

次回の練習は、12月11日(日)常盤公民館(JR北浦和駅) 18~21時 です。

今日のおまけ―
明日は小江戸第九の会の第九演奏会、そして12/10(土)は東京国際大学合唱団”Cielo”の第九演奏会ですよ。

11/26 1週休んだだけなのに…

今週は急に寒くなって、11月としてはなんと54年ぶりの雪が降り、しかも観測史上初めてという積雪を記録しましたが、今日は寒さも和らいで、良いお天気となりましたね。

先々週は川越市合唱祭、先週は練習お休みということで、なんだかものすごく久しぶり感が漂っています。

ここからは例年ななしはしばらくステージの予定がなく、オフシーズンとなります。

ということで、今日は前半はおそらく3月のとあるステージで披露することになるであろう、「たねをうえたら」(作詞:内藤学 作曲:西下航平)の音取りをしました。この曲につきましては、また次の機会に詳しく紹介させていただきます。

後半は、団員の持込み企画(?)として、Hayesの「Halleluja」という輪唱曲と合唱曲の大定番「大地讃頌」(作詞:大木惇夫 作曲:佐藤眞)を歌いました。

実は、ななしではクリスマスっぽい曲はレパートリーとして持っていないので、「Halleluja」みたいなのは、12月の練習曲として、ぴったりかな?と思ったりして・・・。 それに、輪唱って結構奥が深い。

「大地讃頌」も、合唱人はステージ外で盛り上がった時に歌う事が多いので、改めてきちんとした歌唱指導を受けて歌うのは新鮮でした。

来週の練習は、12/3日(土) 川越南公民館(JR・東武東上線川越駅)14~17時です。
見学・入団などは随時受け付けておりますので、まずはJoin usから―
(歌ってみたい曲があれば、今なら持ち込み可かも!)

11/20今週の練習はおやすみ

今週末は、合格・結婚・出産と、おめでたいこと続きのななしメンバーです。

練習がお休みでネタがないので、本日は団員の一部が参加する第九コンサートを2つご紹介したいと思います。まずは―

小江戸川越第九の会 ベートヴェン交響曲第九番演奏会

開催日時 2016年12月4日(日) ウエスタ川越大ホール
開場 13:00  開演 14:00
koedo2016指揮:岸本祐有乃
ソプラノ:守谷由香 アルト:横瀬まりの
テノール:村上公太 バス:久保和範
コンサートマスター:水山裕夫(元東京都交響楽団)
管弦楽:小江戸川越第九の会オーケストラ
合唱:小江戸川越第九の会合唱団
演奏曲目:ベートーヴェン:交響曲第九番「合唱付き」
ワーグナー:歌劇「リエンツィ」序曲

〈指定席〉指定席(S) 2,500円 指定席(A) 2,000円
〈自由席〉1,500円
ウェスタ川越1階 総合案内 9:00~19:00(点検日等の休館日を除く)
川越市文化芸術振興課 川越市役所5階 平日8:30〜17:15

川越市民の手で第九をと言う趣旨で公募されたメンバーによる第九演奏会です。

詳しくは
http://www.westa-kawagoe.jp/event/detail.html?id=413
(ウエスタ川越HP)

次に

東京国際大学 混声合唱団”Cielo”  創立20周年記念第九演奏会

開催日時 2016年12月10日(土)  ウエスタ川越大ホール
開場 16:30  開演 17:00

line_p20161120_23084602指揮:冨田邦明
ソプラノ:中須美喜 アルト:中山茉莉
テノール:大平倍大 バリトン:石井基幾
管弦楽:ドルチェ室内オーケストラ
合唱:東京国際大学混声合唱団”Cielo”

演奏曲目:ベートーヴェン:交響曲第九番「合唱付き」ほか〈全席自由〉1,500円 ※当日券あり

こちらの当日配布のパンフレットの本誌と別冊両方に、「名前のない合唱団」として、広告を載せてもらえることになりました。
内容にひと工夫してありますので、お時間が許せば、ご来場いただいて、チェックしていただければ幸いです。

窓口販売  ウェスタ川越1階 総合案内 9:00~19:00(点検日等の休館日を除く)

問い合わせ先 塚原(名誉団長)TEL/FAX048-462-7306
青木(団長)090-5821-7884
orjfg.perj0dorbital.period★docomo.ne.jp
(★を@に変えてください)

<お知らせ>
当HPのProfileHistoryのページを更新しました。(何年ぶりなんだw)
Profile写真にも仕掛けを施しましたので、是非ともご確認を!

 

11/14合唱祭講評~ななしライダー参上!!

先ほどアップした合唱祭のステージについて、こんな講評をいただきましたので、紹介します。

相澤直人先生より

さいたまたま、楽しませて頂きました。
役者魂のようなものも、ある一定の物は感じました(笑)
やや、舞台上で完結してしまう向きがあり、そこが惜しい! もっと客席、聴衆にかけていくタイプの曲だったかな、と思うのです。

全員揃うのは今日が初めて・・・・・・
わかる・・・・・。
切なく明るいステージをありがとうございました。

 

 

福泉博子先生より

刮目せよ
名前のないライダー参上!! が見えました。
歌声は素晴らしかったです。
とても楽しいパフォーマンスを観せて&聴かせてもらいました。 ありがとう。

人生たまたま
夜の大宮の飲み屋やスナックのサラリーマンとママの姿が目に浮かんできました(笑)
「くやしい埼玉~」心に残りましたヨ!!
楽しませてもらいました。埼玉バンザイ。
恋におちた二人はこの後どうなったのでしょうか・・・

 

両先生とも、あたたかいお言葉をありがとうございました。

 

(おまけ)
とある団員の母上から、こんな感想をいただきました。
「あなた達のが一番面白くて、皆んな喜んでいたよ。ちゃんと歌詞も書いてあって、お習字も上手。」

なによりの褒め言葉ですね!!