7/22 アツいぞ!ななしBBQ大会

先週のブログでもお知らせしました通り、今週は練習がお休みでしたので、一部のメンバーは嵐山渓谷バーベキュー場に行ってまいりました。

今回の参加人数は、お子様1名を含む、総勢20名。
幹事、その他の別働隊を除いた団員たちをマイクロバスで拾って回るのは、大型新人のA君(もう、新人でもないか)
バス備え付けの冷蔵BOXの中からペットボトルのお茶がでてくるなど、至れり尽くせりの大サービス!

途中、遅刻者対応等(常習犯W)いろいろありましたが、最終的に武蔵嵐山駅で電車組を拾って、無事全員バーベキュー場に到着

Farmer’s Market後に入団したばかりの2名も参加したので、ここ数回お休みだった団員と、「初めまして」の挨拶が交わされるというのも、ななしらしいよね(笑)

しかし、とにかく暑い(υ´Д`)アツー


テントを設営して、まずは乾杯☆
さて、いよいよ火をおこして・・・

・・・・・・なかなか火がおきない。
焼き始めるのが、結構遅くなってしまいました。

一方、ななしBBQ名物の段ボール燻製の仕込に余念のないK氏。

手の空いたメンバーは、水ナス・きゅうり・プチトマト・枝豆・鶏ハムなどなど、それぞれに持ち寄った、焼かない食べものをつまみながら、談笑。
川にも入ってみましたが、水が冷たくない、というか、岸の近くはぬるま湯。
でも、ちらほらと魚も泳いでいました。

そのうち、お肉も焼き上がり、みんなで美味しくいただきました。

何度でも言うよ。

と に か く あ つ い !!!

火のそばには長い間いられないので、そこは、みんなで少しずつ交替で。

持ちこんだ日本酒が、外気熱で自然とお燗されていく始末。
ビールもお酒も、飲んだそばから汗となって蒸発していく感じ。
いつもは呑みっぱなしの人も、ときどきソフトドリンクでうすめないと危険なレベルです。

おお! ハンディかき氷器まで用意してるのか!!
炎天下のかき氷は、格別ですね。生き返る感じでした。

幹事さん、ビンゴ大会まで企画してくれました。
番号をコールしていく間に、ときどき挟まれる「アタック・チャンス」!
クイズを出して、当てた人が好きな番号をコールできるというルールです。
ジェスチャークイズでの幹事たちの熱演に拍手( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ!!

そして、段ボール燻製器の御開帳!

玉子にチーズ・はんぺんなどの燻製。
今回の参加メンバーのほとんどは初めてで、噂でしか聞いたことのない、その味に感動しきりでした。

バーベキュー場が16時完全撤収なので、このあたりで片付けはじめなくてはなりません。
あ~、焼きそばまではできなかったね。残念。

という感じで、2018年度ななし大バーベキュー大会は終了し、帰途につくのでした。
っていうか、やっぱりこの猛暑のなかでのBBQは無理があったかな(反省)

幹事さんたちをはじめ、参加の皆さん、本当にお疲れ様でした。

来週のななしは、通常営業です。
7/29(日)狭山中央公民館(西武新宿線狭山市駅)18~21時
コスモスコンサート用のジブリ曲を練習する予定です。

合唱以外のイベントにも全力投球する、私たち「名前のない合唱団」への見学のご希望、お問い合わせなどはJoin Usよりお願いします。

7/14 素敵な曲だ・・・そうだね♪

最近暑い日が続いておりますが、皆さん熱中症にはご注意くださいね。

さて、猛暑日となった三連休初日、本日も暑さに負けず練習スタート…と思いきや

……なんかアルトだけ、人数多くない?

他のパートの人数を合わせて2倍してもアルトのほうが多い、というまさかのパートバランスの偏った状態から、練習開始です。

発声練習中に何名か増え、全パート揃ったところで(それでもテナーは1名でした)、先週に引き続き、コスモスコンサートへ向けての練習として「紅の豚」の主題歌「時には昔の話を」の音取り練習をしました。

主旋律が様々なパートに移る曲なので、普段主旋律を歌う機会の少ない低声パートにとっては嬉しい曲でもありますね。

全体的にしっとりと歌い上げる曲ですが、途中盛り上がる所でリズムとハーモニーが揃った瞬間、鳥肌が立つ程感動しました。

数々の名言を残している作品のイメージ通り、情感溢れる素敵な曲ですね(*^^*)

伴奏と合わせるとまた違った雰囲気になるということなので、ピアノとの練習が楽しみです。

今回は、アルトで入団したのですが、ソプラノからの熱いオファーにより、コンバートを果たした2名の片割れ、H・Oさんに書いていただきました(^O^)
その代り、ソプラノ方面から「高音に自信がないのでアルトに移りたい」という声がちらほらと・・・(笑)

さて、来週は団長の都合により、1回お休みをいただきます。
そんな中、他の団員たちは、BBQ大会を企画しているみたいですよ。
来週のブログは、そちらの様子をお届けすることになりそうです。

次回の練習は、
7/29(日)狭山中央公民館(西武新宿線狭山市駅)18~21時
引き続きコスモスコンサート用の曲の音取りをする予定です。
今回は、ジブリ映画の音楽で固めて行こうと思っているのですが、「平成狸合戦ぽんぽこ」「おもひでぽろぽろ」「紅の豚」と来て、あと2曲くらいをどうしようか悩み中。とにかく、入曽の皆さんに楽しんでいただけるようなステージングを目指します!

見学のご希望、合唱団へのお問い合わせなどはJoin Usよりお願いします。

7/8 コスモスコンサートに向け幸先良し!

 西日本の豪雨災害に遭われた地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。どうか一日も早く、元の日常が戻りますように。


 川越Farmer’s Marketの本番が終わり、コスモスコンサートへ向けての練習を開始しました。先週の演奏後に直接話しかけていただいた方に加え、HPをご覧になり見学の申込みを送っていただいた方の2名の見学者を迎えての練習となりました。

 実は、本番直後に話しかけていただいた方とはその場では連絡先の交換などが出来ず、HPのメールフォームから連絡先を送っていただくようお願いしたのですが、一週間経っても音沙汰なく「対応失敗しちゃったかな……」と中の人はたいへん気にしておりました。それが、きょうになり直接練習に来ていただきまして。ホッとしました。よかったー!
(こういう時にサッと渡せる勧誘用のカードがあったりすると機会を逃さなくていいよね、という話にまでなりました。うんうん、作ろう!)

 次の目標である10月のコスモスコンサートは狭山地域で活動する芸術家たちを招いた地元密着、アットホームなコンサートです。2013年以来、夏の夕涼みコンサートか秋のコスモスコンサートのどちらかに参加しており、今年で6年連続となります。繰り返し足を運んでくださっている地元のお客様も多くいますので、毎年楽しんでいただけるようこちらも選曲を工夫しなければなりません。
 まだ全曲が決まったわけではないのですが、今年はスタジオジブリの映画作品で使われた音楽をアラカルトで取り上げようと考えております。初日のきょうは「おもひでぽろぽろ」の主題歌「愛は花、君はその種子」(倉知竜也編曲)の音取り練習となりました。

 ななしでは基本的にはパート練習を行っていません。音取り練習から全パート同じ部屋で、一台のピアノに合わせて各パートごとに音を取っていきます。他パートの音取り中はそのパートを歌うもよし、聴きながら(邪魔をしない程度に)自パートをふふふん♪と歌って初見力や和声感を養うもよしという形。もちろん、難しいところ、歌いづらいところなどは何度も繰り返して練習したりもします。そうして4パート取り終える頃までにはハーモニーがなんとなく出来上がっており、ピアノを外して合わせて歌ってみて、また次にいくという作業を繰り返していきます(…といってもそんなに難しく考えないでくださいネ!最初から楽譜が読める必要はありませんし、初見でいきなり歌えというものでもないです。)

 ゆっくりのテンポのこの曲ですが、多少符割りが取っつきづらいところがあったり、オブリガートに回ったときのソプラノが苦しげだったりなど、課題はいくつかありつつも、比較的スムーズに音取り練習は終わりました。ピアノがなくても無伴奏で歌えるという編曲で、そのおかげで完成形が見通しやすいのかもしれませんね(※本番はピアノが入ります!)。次回以降は具体的な曲作りとなっていきます。

 練習後には帰りの会。見学の方にはひと言、感想をいただくのが恒例となっております。そこで、なんとお二人とも入団のご意思を表明いただいちゃいました!幸先の良い、そしてとてもとても嬉しい、新シーズンへのスタートとなりました。

 アフターには新入団のお二人も一緒にサイゼリヤへ。車に分乗し、11名でわいわいと。例のごとく(?)飲む人たちは1500mlのワイン、マグナム2本を空けちゃっていました。自己紹介タイムあり、熱い合唱トークもあり。たっぷり3時間以上だべったところで解散となりました。

 以上、今回の練習レポート担当はふだんはHPの裏方や、楽譜書いたりギター弾いたりする人、おにくでした。

 次回練習は7/14(土)、高階市民センター(東武東上線新河岸駅)で14~17時の予定となっております。見学のご希望、合唱団へのお問い合わせなどはJoin Usのメールフォームよりお願いします。

コスモスコンサートに出演します

こちらは先頭固定記事です。クリックで最新の記事へジャンプ!


次のステージは10.13 コスモスコンサート
日時:2018年10月13日(土)午後
会場:狭山市水野公民館
主催:狭山市名曲鑑賞会 さやまルシェ情報ページ
演奏曲:ジブリの映画音楽より(愛は花 君はその種子、時には昔の話を、カントリーロード、いつでも誰かが)
恒例となっている狭山市での芸術鑑賞会に今年も参加します。毎年、合唱のほかピアノ独奏や連弾、弦楽アンサンブルなど狭山地域の芸術家たちが集まるアットホームなコンサートです。入場無料です。

さらに11.11 川越市合唱祭
日時:2018年11月11日(日)演奏順未定
会場:ウェスタ川越大ホール
主催:川越市合唱連盟
演奏曲:くちびるに歌を(ツェーザー・フライシュレン詩 信長貴富訳・作曲)
指揮:福泉博子先生(声楽家、CoroFelice指揮者)
ピアノ:斎藤美樹 吉田太郎(練習時)
ななしとしては初の試みとなる、外部指揮者をお招きしてのステージとなります。福泉先生には発声の指導もお願いし、レベルアップを図りたいと思っております。

7/1 川越Farmer’s Market @蓮馨寺

通常なら梅雨の真っ只中ということで、天候が心配されましたが、大変良いお天気となりました。っていうか、晴れすぎっ!

「ご…ごめんなさい(>_<)」

なぜか謝まっているのは、自他共に認める、イベントになると台風も吹き飛ばすという、ななしきっての晴れ女!今回は、梅雨前線まで吹き飛ばしてしまいました。

というわけで早くも真夏のような太陽が照りつける中、団員立ちは、まず午前中の直前練習で、ウェスタ内の南公民館に集合。

「5分程遅れます」と連絡のあった団長がなかなか現れない…と思っていたら、「練習会場間違えた」だと?

昨日のLINEで高階公民館の空調が不調との話題が出てたので、「高階」がすりこまれてしまったんだね(笑)
団員だけで準備体操をして、ピアニストの先導で発声練習をしているうちに、ようやく到着した団長は、すでに汗だくでした。

そんなこんなで、ざっと全曲をおさらいしたのち、会場へ移動しながらのフリータイム。
ウェスタから連馨寺までは微妙に距離があるので、移動手段も、バス・自転車・徒歩と様々です。
道中のお店でランチしたり、現地のテントで食べ物を調達したり、ステージの視察を兼ねて、われわれより前の団体の演奏を聴いたり・・・
思い思いに過ごしたのちの再集合。

ひとつ前の演奏が終わり、いよいよセッティング。
電子ピアノを運び込んで、譜面台を持ち込んで、スタンドマイクをセットしてもらって…

うーん、ちょっと風強い、譜面飛びそう・・・
という中、ピアニストが使用しているのはなんと、タブレット端末! ハイテクだ!!!

本当はマイクテストとかやるつもりだったのですが、司会の前振りの流れて、そのまま本番に突入してしまいました。

今回は野外で暑いということもあり、飲み物・タオルをステージ持ち込み可としました。
それで、朝の練習から参加していた団員のお坊ちゃま、ママの飲み物を持って合図があったら渡す、と言うミッション(笑)を背負って一緒にオンステしました。

でも、いざ始まったら、裏に置いて来てしまった自分の飲み物が欲しいと、ママの足にしがみついて訴えつづけ、根負けしたママが一時ステージから消えるという、そんな可愛らしい(そしてななしらしい)ハプニングもありました(^^♪

暑いと言えば、歌っている我々はほぼ木蔭だったのですが、指揮者の団長の立ち位置は完全に日向!
司会のおねえさんにも、「天然のスポットライトが当たっている」と言われてましたが・・・

最初、マイクがハウリングをおこしてキンキン鳴ってたし、うしろのスピーカーから離れたパートの音がガンガン聞こえて来るし・・・
やはり、いつもと勝手が違います。

普段、ホールの演奏とかでは、歌うときにマイクなんか使いませんからね。
ま、これも良い経験です。(と言っておこう!)
全曲歌い終えて、さて、その感触は・・・

なんと、演奏後すぐに見学希望のお声をかけて頂き、連絡先としてこちらのHPを紹介いたしました!!

次のプログラム、団長も参加しての特設男声合唱団も聴かねばと、早々に帰りの会を切り上げて、解散!!!

早速、COEDOビールで乾杯しながら演奏を楽しむ人も多かったです。

そして、さらに打ち上げには川越まるひろのビヤガーデンへ(今季2回目だ)
久しぶりに参加の仲間もいたので、みんなでワイワイと過ごしました♪

さて、次の練習は、
7/8(日)入曽公民館(西武新宿線入曽駅)14~17時
10月に行なわれる、コスモスコンサートに向けての練習を始めたいと思います。
もう?と思われる向きもありましょうが、そこはお盆などをはさんでおりますので、実働日数はわりと少ないのです。

見学希望や当団へのお問い合わせなどは、Join usで随時受け付けておりますので、お気軽にどうぞ!