1/19 本番前最終練習♪

新年2回目、西浦和の田島公民館で、1/25「オトムスビ新春コンサート」に向けて、オトムスビ代表兼ピアニストの吉田太郎さん&女声ソリストお二人との2回目の合わせ練習、曲目は「ふるさとの四季」です。
(あとは本番当日です!)
前回1/11に見学即入団して頂いた1人も参加されました。

パート毎の参加人数は、ソプラノ6,アルト3,テノール4,バス2(バスが少なかったのでテノールのNさんがバスを歌って頂きました)。
体操&発声を30分ほどみっちりやった後に、プロ3人が来る前に曲頭から合唱のみの合わせ練習。

19時過ぎから、プロ3人が参加して音合わせ練習が始まりました。
練習会場は、視聴覚室で教室形式のため、前方の机と椅子を後ろに下げて前方のスペースを使って練習します。
前方左側のピアノを囲むようにして団員が半円形式で並び、何と女声ソリスト2人が団員に向き合う形で音合わせ練習をしました。

ソリストさんの美声に聴き惚れていて、2番から合唱団が入るべきところを1番の歌詞で歌ってしまったり、表現力豊かなソリストさんに負けじと力みまくって歌い始めてしまったり(その気持ち分からなくはないですねw)、多少ありましたが、指揮者(団長)からの注意も徐々に歌い方の点に絞られていき、全曲通しを繰り返すうちに本番を迎えられる程度に仕上がったように思います。

ちなみに、本番当日も指揮者は団長ですが、どこかで団長ソロもありそうですよ。練習に出られなかった方・当日聴きに来られる方は当日のお楽しみということで(笑)

表情・表現力豊かに歌うソリストさんお二人を間近に見聴きしながら歌えるという貴重な体験が出来ましたし、ソリストさんからも、合唱団が歌っている時に、そのまま立っていて良いものか?合唱団とソリストが一緒に歌うところはソリスト抜きの方が良いのでは?など積極的な質問・意見も出て大変有意義な音合わせ練習になったのではと思います。

後は、本番当日会場ホールでのリハーサルを経て本番となりますが、体調にはくれぐれも気を付けて本番に臨みたいですね。

それと、せっかくの素晴らしい演奏会ですので、友人・知人等にコンサートへのお声掛けもしましょう!

今回のブログは、バスのC・Mさんに書いていただきました。
さて、来週は本番、歌うのももちろんですが、1部・2部のオトムスビのお三方だけのステージは、我々も客席で聴かせていただくことになっています。楽しみですね~♪
お席にはまだ余裕があるようですので、こちらを読んだ皆様も、ぜひ聴きにいらしてくださいね。(詳細はページ上の”What’s Next?”でご紹介しております)

見学・入団・演奏依頼などのお問い合わせは、Join/Contactのメールフォームで随時受け付けております。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラム、第9回まで公開しております。

1/11 名無しは今年も前のめり

令和二年明けました。
皆さま、今年も名無しでワクワクドキドキそしてワイワイしましょうね♪

さて新年1回目、川越高階市民センターで、「オトムスビ新春コンサート」に向けて、オトムスビ代表兼ピアニストの太郎さん&女声ソリストお二人との、初めての合わせ練習、曲目は「ふるさとの四季」です。
(今日を入れてあと2回で本番当日だよー)
何と、今日も見学者さん1名お見えです。良いですね〜^ ^

S7A4T3B2(練習終了時)安定のバランスですな。
始めに、恒例の体操&発声から。

正規の(?)練習はほぼ1ヶ月振り。年末年始の呑み食いなんぞで凝り固まった身体をゆるゆるとほぐします。
「生気がない」と注意された表情を蘇らせ👀(←いつも指摘されちゃうよね^^;)、ブレスの深さ、広背筋を使う(筋肉は裏切らない👍)、などを思い出し、、、
歌う前に準備する大切なこと。

プロ3人が来る前に、不安な音も確認。
「村祭り」アルトの入り。「ふる四季女声版」が残ってて課題なのです。テノール1度上の音からってわかってるんだけど……
隣テノールM氏の音を耳ダンボにして👂、今日のところは克服出来たかな〜?

お3人が合流。
P太郎さんから、ソロパート合唱パートの内訳が説明されて、いざ、合わせ開始。
お若いソリスト&太郎さんとの合わせ、楽しいですね、ワクワクします(´ω`)

もちろん課題も。
・響きのあるソロの声に聴き惚れて入りそびれたり
・1番ソロで合唱は2番からの時、歌詞を間違いがち……

指揮者(団長)からは、歌詞がこもりがち、もっと粒立てて、かつ、細切れではなく歌詞を歌って、と。ソロのバックコーラスにならないように、とも。

あと1回プラス当日!
聴きに来てくださる方に喜んでもらえるステージにしたいですね。
くれぐれも、体調に留意しましょう(→まずは私自身だった^^;)

そうそう、忘れてはいけない。
今日の見学者さん、早速入団届を出して下さった、と!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
こいつぁ春から縁起が良い良い

新年第1回目の練習ブログは、アルトのN・Kさんに書いていただきました。
この練習の後は、吉田太郎さんとメゾソプラノソロの島田樹里さんをゲストに、いつものお店へ(ソプラノソロの新福美咲さんは、残念ながらご都合により先に帰られました。)

恒例の「ななし大新年会」がスケジュールの都合でできない、というか、年末のイベントで前倒ししてしまったので、その代わりに今年は「大(ビッグ)」新年会となりました\(^o^)/

さて、オトムスビコンサートの詳細が決まりました。
日時 2020年1月25日(土) 13:30開場 14:00開演
場所 川越西文化会館 メルト(東武東上線 霞ヶ関駅 徒歩10分)

-出演-
新福美咲(ソプラノ)
島田樹里(メゾソプラノ)
吉田太郎(ピアノ)

-ゲスト-
名前のない合唱団

前売券 一般¥3,000 中高¥1,000 大学¥2,000 ※小学生以下は無料
予約・お問い合わせ先
TEL:050-3628-7319 MAIL:support@otomusubi.info
予約フォーム→https://www.quartet-online.net/ticket/otomusubi20200125

第1部・第2部は、新年を彩る日本歌曲や民謡を中心とした、オトムスビのお三方によるソロコンサートがお楽しみいただけます。

名前のない合唱団は、第3部の出演となり、「ふるさとの四季」を、新福さん、島田さんのソロパートを加えた特別バージョンでお送りします。

お時間がありましたら、ぜひ聴きに来てくださいね。

そして、次回の練習は、
1/19(日)田島公民館(JR武蔵野線西浦和駅)18~21時
もちろん、「ふるさとの四季」の練習です。

見学・入団・演奏依頼などのお問い合わせは、Join/Contactのメールフォームで随時受け付けております。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラム、第9回まで公開しております。

1/1 2020年を迎えまして


あけましておめでとうございます。

本年もななしは、みなさまのお目にとまるよう、合唱もその他も楽しくワイワイやっていこうと思います。

始動は、
1/11(土)14:00~17:00 高階公民館(東武東上線 新河岸駅)
いつもの大新年会は行いませんが、普通サイズの新年会は行う予定です。(高階だから、多分いつものあのお店♪)

入団・見学・出演依頼などは、お気軽にJoin/Contactのフォームよりお問い合わせください。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラム、第8回を公開しました。

 

12/31 今年もお世話になりました。

2019年も、あと数時間となりました。
そこで、改めて今年のななしを振り返ってみましょう。

1月
毎年恒例の「ななし大新年会」
このあと、インフルパンデミック(?)があり、練習開始が1週間遅れてしまいました。

2月
5月のE-joyコンサートと6月の県合唱祭への練習を開始しました。

3月
団長がハネムーンで1週お休み。
31日には、平成最後のお花見会が行われ、客演指揮者(?)はこの時に登場しました。
指揮者コラムの第1回の公開もこの月でしたね。

4月
新元号決定とともに鈴木有理先生が作曲した、『令和』を歌ってみましたが、いち早く東京混声さんに先を越されたので、音源アップはあきらめました。

5月
令和最初のステージは、「第1回 E-joyコンサート」。、
エレクトーン2台とコラボした『ハレルヤ・コーラス』。音楽のいろんな可能性を感じたステージでした。

6月
常任指揮者の内地出張に合わせて、指揮者の当日変更を狙った「埼玉県合唱祭」。
『刮目~』は、指揮者襲来特別バージョンで演奏。
『リフレイン』については、YouTubeの再生回数が現在1.4万回を数え、『ダイナミック琉球』(2.2万回)、『君と歩こう』(1.9万回)に追いつく勢いとなっています。
団員が運転するバスで、熊谷に乗りこんだことも、印象に残りました。

7月
「夕涼みコンサート」に出演。
ベルクのテーマ『Just For Your Life』などを披露しました。

8月
飯能河原でのBBQ開催。
晴男・晴女の本領が発揮され、にぎやかに行われました。

9月
高齢者住宅「ブリエライフ狭山」様のお招きを受けて、敬老の日イベントで歌わせていただきました。
見学1回でオンステされた方もいらっしゃいました(^o^)

10月
「ゆふさんといっしょ」記念すべき第1回~パプリカスペシャル~が開催されました。
久しぶりにななしKIDSの声が響き渡る、楽しい会となりました。

11月
「川越市合唱祭」は昨年に引きつづき、福泉先生をお招きして、『小さな空』を演奏しました。皆様からは、よい感想をいただいていましたが、後半バラけてしまったのが残念だったので、今度は常任指揮者の下でリベンジしたい楽曲ですね。

12月
今年一番のサプライズ、「ズームイン!!サタデー」の出演は記憶に新しいですね。
そして、「第2回ゆふさんといっしょ」~ゆふさんを見る会~。楽しく歌って2019年の締めくくりをしました。

年初には、ゆっくりとスキルアップを考えよう、なんて考えていたのですが、結果、大変忙しい1年となってしまいましたね(^_^;)

来年の春には、常任指揮者の任期が明ける予定の「約束の2年目」が来ます。
まだ確定してないので、本人も周りもドキドキしながら、いろんな可能性を考えているところです。
とにかく、次の1年もななしは進み続けます。
演奏していても、聴いて下さる方も、楽しめる様な団でありたいと思います。

みなさま、来年もよろしくお願い致します。

12/22 「ゆふさんといっしょ2」~ゆふさんを見る会~

ズームイン!サタデー、無事オンエアされまして、周りの反応も上々です♪
トーク部分はほぼカットされていましたが、歌は2曲とも流していただけましたし、団名のテロップもはっきりと出していただいて、よかったと思います。
改めまして、関係者の皆様へ厚く御礼申し上げます。

さて、2019年の最後を飾るイベント「ゆふさんといっしょ」~ゆふさんを見る会~(ななし大忘年会)が華々しく開催されました。
珍しく(?)ゆふさん=常任指揮者が全面的に幹事を務めたこの企画は、こちらもななしにしては珍しい池袋のカラオケ&パーティースペースmilionさんで行われました。

前回会った時よりもはるかに体を絞って、スリムになった指揮者が開会宣言をし、団長が乾杯のあいさつした後、木下牧子先生のアカペラ曲「鴎」を歌い終るとともに乾杯!!
そして、吉田太郎さんも、ポータブル・ピアノとともにご到着。雨の中、大変でしたよね(;´∀`)
そして、太郎さんのピアノに合わせて歌うのは、もちろん「ダイナミック琉球」!
口説(クドゥチ)の部分は、団長によるスペシャルバージョンでした。

次に、ななしの2019年重大ニュース発表。
前もって団員に提出してもらった重大ニュースを、指揮者の独断により20位からカウントダウン。
テレビに出たり、新たな団外部活が発足したり、バスで合唱祭会場に乗り込んだり、結婚・出産があったり、高額配当が当たったり・・・
ななし全体から、団員の個人的なことまで様々な出来事がありましたね。
第14位「客演指揮者」のとき、福泉先生ではない別の名前がでてきて、みんな「???」
それは、なんとお花見の席に乱入してきた、あのオジサマのお名前でした。
ちなみに、1位は「ゆふさんといっしょ」
かの公共放送局の幼児向け番組みたいなロゴが画面に映し出されました(笑)

他に歌った曲は、千原英喜先生の「わが抒情詩」、オリジナル曲の「ひとつぶ」「僕らの出会い」。
その間に、参加できなかったメンバーのうち、3名(そういえば、全員バスでした)からのメッセージが読まれたのですが、2人は「市長や教育委員長の祝辞かよWWW」というくらい、長かったのに最後の一人、いつもバスを運転してくれるA君からは、「合宿やりましょう!」の一言だけ。
うんうん、合宿実現させようね!(^^)!

コミュ障救済のために(?)「猛獣狩りゲーム」をはさんだりして、あっという間に時間は過ぎ、最後に歌うのは、指揮者からのメッセージの意味を込めて、「変わらないもの」。
♪1年先も~ 10年先も~・・・
常任指揮者が小笠原に赴任してから、お互い「変わらない」ために進み続けてきた、20か月あまり、感慨深いものがありますね。

そして、締めの言葉は、ななしの大蔵大臣もしくは女将こと、アルトのK・Tさんに。
指揮者からは「はい、終わり!」でいいよ、と言われていたそうですが、こんな機会なかなかないからと、たくさんのななし愛にあふれたお言葉をいただきました。

二次会にも、一次会の半分くらいの人数と、この時間から参加したメンバーが出席して、にぎやかに更なる交流を深めていました。
(実は、川越や狭山でやるより、池袋の方が遅くまでいられる人が多かったりするのです。)

これをもって、2019年「名前のない合唱団」としての活動は、無事全て終了いたしました。
歌いはじめは、
1/11(土)14:00~17:00 高階公民館(東武東上線 新河岸駅)
を予定しております。(新年会も行う予定です。)
入団・見学・出演依頼など、お気軽にJoin/Contact
のフォームよりお問い合わせください。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラムページは第7回までと、特別編2本が公開されています。