指揮者コラム番外編「埼玉県合唱祭(2019年度)に寄せて ~『刮目せよ!我ら名前のない合唱団』『リフレイン』~」

 大トリはいいですね。
 どんなに散らかっても自分達で責任がとれるので、大胆な表現ができます。まあ、大トリじゃなかったら散らかさないかって言ったら、結局散らかすんですけども。笑

 この日を迎えるにあたって、たくさんの方がそれぞれの立場から合唱団を支えていました。団員の皆さんが、真摯に練習を積み重ねていてくれました。ピアニストの上南さんも、ほとんど打合せができない中で、素晴らしい表現をしてくださいました。譜めくりさんも、肝心なときにいつもかけつけてくださいます。事務局は、僕の日程に合わせて全てのお膳立てをしてくれました。そして何より、遠征のバスが、運転手込みで自前調達できる合唱団とか、尋常じゃありません。その全てが、今回のステージの成功に繋がっていたと思います。

 私個人は、やはりブランクを感じておりました。気持ちも体も準備はできていたつもりではいたのですが…。私の中に流れる音楽に、運動神経がついてこなかったように思えます。見づらいタクトの中、この演奏までもってこられたのは、やはり皆さんの練習の成果です。

 『刮目せよ!我ら名前のない合唱団』は、宝物ですね。「オリジナル曲があることは強みですね」というコメントの通りだと思います。ラーニングドラゴンという類い稀なる才能を抱えた合唱団だからこそ。
 ネタソングをネタにするには、音楽を聴き苦しくさせない技術の下地が要ります。例えば、「言葉を聴衆に伝える」ことは、容易な作業ではありません。それを達成するために、「ネタ歌詞を地味に反復練習する」というのは、実は強靭な精神力を必要とします。それを平然とやってのけるこの合唱団は、やはり刮目すべき合唱団だと私は思っています。

 『みやこわすれ』という曲を選ぼうか最後まで二択で迷いましたが、練習中にもお話ししました事情により、『リフレイン』を選びました。笑

“リフレイン”というテーマでありながら、“一度きりの今”を歌うという心地よい矛盾。
“人は、変化のない似通った日常に物足りなさを感じ、時に絶望する生き物だ。”
“しかし人は、その繰り返しの中からも、かけがえのない価値を見出だすことができる生き物でもある。”
 感動を内包し、それでいて人間臭くなく。そんな表現を心がけてきましたが、いかがだったでしょうか。

 「くりかえし見つめ合い くりかえし好きという」。
 このフレーズは、“人の意志”を内包しています。見つめ合い、好きと伝えることができる相手がいる幸せ。その幸せを、日常の「くりかえし」の中に埋没させず、意志をもって「くりかえし」ていくこと。それが、“人として生きる”ということなのかもしれませんね。

 技術的な課題としては、「鮮烈なp」と「繊細なf」を挙げておきます。
ちなみに、誤植ではありません。笑

ppになっても衰えず言葉を伝えられること。
ffになっても崩れずハーモニーを構築できること。
それを要求できる段階にきていると感じています。

 結びになりますが、本番前日と本番のみという契約で、私を起用してくださり、ありがとうございました。またいっしょにステージに立ったとき、さらによい演奏ができるように、共にがんばりましょう。

 とりあえず私は、ちょっと体重落とします。

令和元年6月16日
平田 由布

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラムですが、今回は埼玉県合唱祭出演を受けて、番外編をお送りしました。
第1回「“手段”としての音楽」
第2回「人は力」
第3回「合唱人は変人?

第4回も間もなくお届けできる予定ですので、お楽しみに!!

6/9 来週本番♬ ワクワク…⁈

関東梅雨入りで気分も気持ちも体調もイマイチな皆さん、そんな時は名無し練習に参加して「スカッと爽やか、○○コ〜ラ〜」(古!)

今日は本練習前に77夕涼み」の音取り・確認自主練もあったようで、事務局さんいつもありがとう。熱心な団員さん、そういうとこ、私は好きだ!

さて本練習の参加パートはB3T4A6S5(くらい)
ピアニストを迎えて県合唱祭練習です。

「リフレイン」から。

ブログを振り返ると、223練で初めて音取り開始、気が付けば来週が本番。
はるばる離島より常任指揮者から課題が伝えられ

①テンポ(正確なリズム含)
②言葉を伝えよ
③曲想の理解(主旋の意識?)
……(課題の付箋、指揮者殿の楽譜には数十枚貼ってあると!

母音唱、リズム詠みから始まり、テンポの主軸設定、強弱の意識周知しつつの反復練習。練習時間の大半が骨格作りに費やされました。

優しい曲調に反するこの曲の奥深さ、表現する難しさ……

うーん、楽しくなってきた〜  (^^;)

良い加減な頃(煮詰まった?)、

「刮目〜」。

これは、ほっといても熱が入ります。皆、ホント、好きね、刮目(笑)

練習終盤、2つの問題点が浮き彫りに。

・「全員揃うの来週が初めて~♬
(パートバランス、どーよ?)

・プログラム
さて「刮目」「リフレイン」最適な曲順は、いかに……

いざ熊谷!
濃ゆ〜い週末をご一緒に楽しみましょう  (^_-)
(週中盤の天候の安定を心より願って)

ハイ、今週のブログ担当は、アルトのN・Kさんでした。

ところどころ、気になるワードがあるのはスルーしておいて・・・

次回は、6/15(土)高階公民館(東武東上線新河岸駅)14~17時
合唱祭の前日練習ですが、この日に見学に来たりすると、かなりのレアキャラ(?)に遭遇できるはずです!

気になったら、Join usのフォームからお問い合わせを!

そして、6/16(日)は熊谷でななしと握手!!
どんな「いいね」をいただけるか、楽しみです(^O^)

不定期更新の指揮者コラムは第3回まで公開中です。
第1回「“手段”としての音楽」
第2回「人は力」
第3回「合唱人は変人?」

 

 

6/1 夕涼みコンサートは7/7です

今回の練習は、2週間後に本番を控えてる曲ではなく、その次の本番の『夕涼みコンサート』の練習です。

少々慌ただしいですが、二曲の音とりをしました(´∇`)

まずは『福笑い』。

高橋優さんの曲で、私が「やりたい!」と言って以前練習し、今回やっと日の目を見ることになった曲です(((o(*゚▽゚*)o)))

この曲はなんといってもリズムが難しい!

音符が細かいし、一番と二番で微妙に音程やリズムが違ったり、間違えやすいです。

何度もリズム読みしたりして、何とか最後まで音とり出来ました*\(^o^)/*

次は『どんなときも』。

槇原敬之さんの曲で、知ってる人も多く、比較的音とりしやすかったのですが、知ってる曲だけについ主旋律を歌ってしまう(^_^;)

気持ちよくなりすぎ注意です(o´・ω-)b

この曲も最後まで音とり終了し、最後に二曲続けてアカペラで歌えたのでした!

そして、恒例のアフター( ^_^)//[□☆□]\\(^_^ )

お洒落なイタリアンのお店で飲んだあと、団員の自宅に押し掛けて宅呑み、そしてじゃらじゃら音がする中国語講座へと続いたのでしたv( ̄∇ ̄)

ななしの夜は長いのです(笑)

今週は、ソプラノのT・Mさんに書いていただきました。

J-POPを合唱で演奏するには、耳になじんでいるからこその悩みがいっぱいあるようですね・・・

さて、次の練習は
6/9(日)18:00~21:00 高階公民館(高階市民センター:東武東上線 新河岸駅)

県合唱祭一週間前、ピアニストとの合わせ練習になります。
もちろん、見学・体験は自由です。ここから勢いで合唱祭オンステするのも、むしろ大歓迎!!

興味がおありの方は、Join usのフォームからお問い合わせください。

 

不定期更新の指揮者コラムは第3回まで公開中です。
第1回「“手段”としての音楽」
第2回「人は力」
第3回「合唱人は変人?」

5/25 ピアニスト練習の前に・・・

30度を超える真夏日のなか、練習前にななし最大勢力の「ラクレットチーズ愛好会」の皆さんでチーズを食べに行きました。

これから練習なのに、あまりの美味しさにパクパクとお腹いっぱいにチーズ食べる団員一同…

お腹いっぱいの中練習が始まり、発生練習をしている時に、チーズを食べた団員一同へブレスの仕方がよくないと指摘をされてしまいました。(笑)

無事誰もチーズを戻すことなく発生練習が終わり、埼玉県合唱祭で歌うリフレインを初のピアノ伴奏との合わせをしました。

ピアノ伴奏で歌うのすごく久しぶりな気が…

ピアノの前奏がとてもキレイで、聴き惚れて歌の出だしが遅れてしまいそうになりそうです。

リフレインはゆったりとした雰囲気なので、タメを作りやすく、なかなか楽譜通りのリズムで歌うことが出来ませんでした。(特に男声)

他にもテンポや強弱の変化が多く、指揮、伴奏、各パート同士で揃えるのが大変で、普段より頭を使う練習になりました。

練習が終わり、いつもなら練習後にご飯を食べに行くところ、チーズを食べた団員のお腹がまだ空かないということでカラオケに行き、各々カロリー消費に励みました。

今回は、テナーのニューフェイス、S・I君に書いていただきました。

補足すると、今週のテナーの練習参加者のほとんどがチーズ愛好会会合に参加しており、出席率に大いに加担していたとか……(^_^;)

さて、次の練習は
6/1(土)常盤公民館(JR京浜東北線北浦和駅)13:30~16:30
※通常の昼練習より、30分早い設定となっております。
7月の夕涼みコンサート向けの楽曲が中心となるのではないかと思います。

見学・体験はいつでも大歓迎です。
合唱祭のみ・夕涼みコンサートのみなど、一回限りのオンステも受け付けています。
Join usのフォームまでお問い合わせください。

 

不定期更新の指揮者コラムは第3回まで公開中です。
第1回「“手段”としての音楽」
第2回「人は力」
第3回「合唱人は変人?」

5/19 第一回 E-joy Concert♪

E-joy Concert本番です。

団員たちは、ウェスタに朝10時に集合して、音楽室で発声をしたのち、小ホールでのリハーサルに臨みました。
小ホールで歌うのは、昨年のミニコン以来――なんて感慨にふけっている時間などはもちろんありません。
登壇のタイミングや立ち位置など、段取りを確認したり、通し演奏をして声を飛ばす方向やバランスを調整したり・・・

小笠原から出張で帰っている常任指揮者も、この時間からおつきあいしてくださいました。

リハーサルの後、隣接している南公民館の講座室で最終調整してから、いったんお昼解散。
一部のメンバーは、常任指揮者を囲んでのランチを楽しんでおりました。

演奏会は、県や市の合唱祭と同じく、客席の一部で待機する形式で行われました。
下手側に用意された出演者席で、開演を待っていると・・・

「5分前」とかかれたカードを持ったスタッフさんが、ハンドベルを鳴らして合図。
開演ベルは、エレクトーンで『キーン・コーン・カーン・コーン・・・♪』
素敵な演出ですね~

オープニングはエレクトーン2台による、バッハの「主よ人の望みの喜びを』
シンセサイザー風の音色でしっとりと聴かせていただき、そのあと司会の方がお話をされている間に、われわれは舞台袖にスタンバイ。


開催宣言のあと、プログラム2番、名前のない合唱団の出番です!

まずは『団員募集の歌』

・・・て、エレクトーンのコンサートなのにアカペラかよ!!

的なボケを織り交ぜた、団長による曲紹介につづいての『ハレルヤ・コーラス』

『団募』の「団費月々~」や「学割も~」のところで会場の皆様から笑いを頂戴したのは正直嬉しかったです\(^o^)/

そして、『ハレルヤ』も大きな事故もなく、壮大に歌いきる事が出来ました!!

早々と、出番を終えたななしの面々は、そのあとは聴衆としてコンサートを楽しませていただきました。

ジャズ・クラシック・ポップス・童謡・民謡・ゴスペル・・・
それぞれの演奏における、エレクトーンによる幅広いジャンルのアレンジやエフェクトには、感心するばかりです。
(筆者個人的には、大河ドラマ風の『かごめかごめ』がツボりました)

加えて、エレクトーン講師の皆様の様々な演出も加わって、最後まで飽きることなく、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

最後に全員で「上を向いて歩こう」を歌って、コンサートは大盛況のうちにお開きとなりました。

実行委員会の皆様が、一年前からコツコツと準備されてきたことが、このような形で実って、そこに「名前のない合唱団」が参加できたことは、大変光栄なことだと思っております。

そして、エレクトーンと合唱とのコラボという経験をさせて頂いたことで、音楽のいろいろな可能性を感じる事ができました。
(実際、エレクトーンと一緒に演奏してみたいという曲も具体的に何曲かありますし)

このコンサートにお誘い下さった、Coro・Feliceさん(代表の前川さんは、合わせ練習の楽器の運搬のお手伝いもしてくださいました)、福泉博子先生、われわれの伴奏もして下さった堀様・長野様をはじめとした、E-joy Concert実行委員会の皆様、昭和楽器jet川越支部の皆様に、心より感謝の言葉をお贈りします。

そして、解散後のアトレ丸広の屋上ビヤガーデンで、常任指揮者も加わって、冗談なのか本気なのかわからない企画を出し合って談笑したのは、別のお話・・・

というわけで、次なるステージはHPのトップにもありますが、6/16(日)埼玉県合唱祭(熊谷さくらめいと)です。
続いて7/7(日)夕涼みコンサート(狭山市水野公民館)が控えています。

そして、次の練習は合唱祭のピアニスト練習
5/25(土)狭山中央公民館(西武新宿線狭山市駅)14~17時

見学・体験はいつでも大歓迎です。
合唱祭のみ・夕涼みコンサートのみなど、一回限りでのオンステも受け付けています。
Join usのフォームまでお問い合わせください。

不定期更新の指揮者コラムは第3回まで公開中です。
第1回「“手段”としての音楽」
第2回「人は力」
第3回「合唱人は変人?」