2/16 ショウナミック琉球

今日は人数ちょっと少なめでした。大安でみんな忙しかったんでしょう(嘘)。

しかし人数が少なければ少ないなりの練習ができるものです。

発声でもひとりひとりの声に焦点を合わせた指導になりましたし、

現在取り組んでる『ダイナミック琉球』も、まるでアンサンブルばりに互いの声を聴きあうことに集中できました。それダイナミックかって話ですが。ま、たまにはね。

そしてもう1曲、再来週の川越市合唱講習会で扱う曲から『言葉は』(谷川俊太郎 作詞・信長貴富 作曲)の音取りも行いました。

最初はそんなに難易度高くないかなーって歌っていたのですが、途中から臨時記号の嵐。おおお無理無理無理。おれそんなに器用じゃない。

そして壮大に終わる。久々に fff 見ましたわ。体力売り切れ。

再来週までには歌えるようにしておきます・・・。

時間が余ったら他にアカペラでもやろうか、という話が練習前にあったのですが、発声とダイナミック琉球で、思いのほか内容の濃い練習ができたので、今日はこれまで。

また人数が多いときにやりましょ。

それでは、ダイナミック琉球で囃子ばかりやってて地味に音取りが怪しかった人による直接アップでした。↓ もついでに書いちゃいますよ。

 

さて、次の練習は、
2/23(日)入曽公民館(西武新宿線入曽駅)14~17時
練習内容は今日と同じ感じになりそう。指揮者が帰ってくる前に外国語曲とかやりたいな。

ちなみにこちらの入曽公民館、当団は長らくお世話になってきたのですが、新しくできた入曽地域交流センター内に移転するため、建物としては最後の利用になります。

なごり惜しいですね。部屋が広いので、団員の子どもたち(および自分)は遊びやすいところだったんですよ。あとエントランスにあるプーさんのぬいぐるみ(けっこうでかい)はどうするんでしょうか。今後の動向に注目です。

見学・入団・演奏依頼などのお問い合わせは、Join/Contactのメールフォームで随時受け付けております。

※当団常任指揮者、平田由布による不定期連載コラム、第9回まで公開しております。

6/16 埼玉県合唱祭♪

平田の令月にして、
気淑く風和らぐ。
弟は今日まで練習を披き、
兄は二見の港より帰らむ。

本日、演奏を聴きにお越しいただきました皆様、まことにありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

個人的には、開演から最後の最後の『大地讃頌』まで楽しめたステージでした。

 

今日は、中型免許を持つ団員が運転するマイクロバスで、

川越駅に集合 ⇒ 直前練習 ⇒ さくらめいとで本番 ⇒ 川越駅で解散

という長丁場。うーん、でも遠足みたい。ちなみに帰りのバスの中でこれ書いてます。

 

さて、冒頭の解説をせねばなりません。

パンフレットをご覧になった方もおられると思いますが、当団の紹介文にはこのような文章を記載いたしました。あ、いちおう説明しておきますと、令和の万葉集が元ネタです。

そして今回のステージ、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

そうです。まさかの指揮者変更。

曲の変更はよくあるのですが、指揮者の変更。これはさすがになかなかない。

このブログを普段からご覧になる賢明な読者の皆様はご存知かと思いますが、当団の常任指揮者 平田由布は昨年4月より小笠原に赴任中です。

(こちら参照 ⇒ http://nanashi.daa.jp/?p=2416 )

そのため、弟の団長による練習の指導と本番の指揮が多いのですが、

平田、6月に帰ってくるってよ

おや? 合唱祭の日付と重なっているそ

これはやるしかない

このいまは いちどだけ

というわけで、台風などで帰って来られない場合もありうるので、いちおう団長を指揮者の予定としておいて、帰って来れられたら実行。その悪ふざけを令和の歌で端的(?)に表現してみました。

ちなみに二見というのは、小笠原の港の名前です。

『刮目せよ! 我ら名前のない合唱団』の歌詞も今回専用に一部を差し替えました。

歩みし道は違えども 今日この日こそ交わらん
全員揃うの今日が初めて 我ら名前のない合唱団

歩みし道は違えども 今日この日こそ交わらん
指揮者が来たのも昨日が初めて 我ら名前のない合唱団

まあ、差し替えたの、本番の数時間前なんですけど。

 

昨日のブログの「秘密」とは、もちろん常任指揮者による練習のことです。

『刮目せよ! 我ら名前のない合唱団』という曲でもお分かりの通り、当団(主に筆者)は悪ふざけが大好きです。たまに(主に筆者)怒られます。

さて次のステージは、7/7 夕涼みコンサートです!

これからも、くりかえし くりかえし 楽しんでいきたいですね。

怒られない程度に。

昨日に引き続き、刮目作詞者でした。

6/15 合唱祭 前日(秘密の)練習

明日がいよいよ埼玉県合唱祭本番となりました。本日はそれに向けて大詰めとなる練習です。

あいにくの雨です。うちには筆頭の雨男がいるのですが、彼がやる気を出しすぎたのでしょう。練習開始時間がピークでした。

いろいろと指摘がありました。テンポやディナーミクの設定確認。発音などなど。

あとは明日の直前練習を残しての、最後の仕上げなのですが、

仕上がった、のか・・・?

いや仕上がったはず。そのはず。

それはまあ、お聴きのうえ、ご判断いただくってことで。

上記 ” What’s Next? ” に詳細が記載されておりますので、是非お越しください。

5日間開催の合唱祭で、僭越ながら当団が(たまたまだけど)大トリを務めさせていただくこととなっております。

最後の客席との全体合唱『大地讃頌』もステージ上で歌いますので、お越しになられたら一緒に歌ってください。我々も客席に負けない勢いで歌います。

なお、既に合唱祭パンフレットをご覧になられた方もいらっしゃると思います。その紹介文に「解説はHPまで」との記載がありますが、明日のブログにてその解説と「秘密」の説明をします。22時ごろまでには更新する予定です。

ではでは、明日のステージにてお待ちしております。刮目作詞者でした。

6/3 最初の最後

今年4月から、常任指揮者不在期間が始まり(先週いたけど)、その最初の本番が遂に来週に迫りました。当日直前練習を除けば、本日はその最後の練習です。

だいぶ久しぶりに利用させていただく公民館は、改修工事後とのことで、とてもきれいになっていました。そしてここは響きも良いのです。さあ最後の練習、気持ちよく仕上げようではないか!

・・

・・・

せんせー(団長)! トップテナーいません!

まさかのパート欠け。いや、そこまでまさかでもないんですが、トップにパートバランスクラッシャーⅠくんを抱える当団としては、彼の声量予定を鑑みながら練習する必要があります。

 

まあ仕方ないよね。

もともと「全員揃うの今日(本番当日)が初めて」って団なので、こんなの日常茶飯事です。

気を取り直して『あさきよめ』通してみます。

お、なかなか?(個人の感想です)

響きも良いので、気持ちいいですね(個人の感想です)

4月から頑張ってきたもんな!(こ

 

細かいところ挙げればキリがないですが、常任指揮者不在(先週いたけど)のなか、自分たちでやれるだけのことはやってきたのではないでしょうか。

― 悔いのない一日をおくることも

― 容易ならざる光栄である

来週の本番が、悔いのない一日でありますように。

 

で!

近年恒例になっているビアガーデン。

今年は何回か行ってやろう! と、まだ6月ですが練習後に行っちゃいましたよ。

開放感あるデパートの屋上で、まだ日も沈んでない時間から飲むビールは犯罪的ですね。

あ!  Ⅰ、てめえ練習来ずにここから参戦ってどういう了見だ!

 

ま、てんやわんやと数時間ほど飲み散らかしまして英気を養いました。

来週6/9(土)の埼玉県合唱祭、是非お楽しみに!

 

今週のブログ担当は、M・Nでした~。

4/23 れんしゅう日き

4月23日(日よう日)くもり

今日は、さやましでれんしゅうでした。でも、ぼくいがいの男の人はみんなちこくでした。

今日も、あたらしい女せいのけんがくしゃさんが来て、たくさんの女の人たちがいっしょに話しました。

「ここの髪がさぁ」

「このまえカラオケでねぇ」

「・・・コスメ・・・スイーツ(笑)・・・・・」

ぼくはそのよこで

「なるほど、これが女子かいかぁ」

と思いました。

 

ほかの男の人たちも来て、れんしゅうがはじまりました。まだまだあたらしい曲がうたえないので、音とりというれんしゅうです。ぼくも、うたえるところは大きな声でうたいました。うたえないところは、もにょもにょうたいました。

 

おわったあとは、あたらしい人もいっしょに、みんなでお店やさんで、のんだり、たべたり、のんだりしました。

お店はとてもこんでいて、店いんさんたちはいそがしそうでした。おもいりょうりを、かた手に一つずつはこんで来たときは、手がプルプルふるえていました。

ぼくはそれを見て

「はたらくって大へんだなぁ」

と思いました。

 

とてもたのしい一日でした。おしまい。